USE CASES

活用シーン

IoT

モノの流れをデータ化し物流や交通分野を“見える化”

社会全体を見守効率的に動かすそれこそIoTが背負う使命

例えば、電車やバスが“いまどこを移動している”かを把握するなどの運行管理をはじめ、渋滞情報や駐車場の混雑状況を取得するといった情報収集にもIoTが活用されています。それによって、公共交通機関や人、モノのリアルタイムな動きが手に取るように把握でき、効率よくモノを運んだり移動手段や経路を選択できたりするようになるのです。

バスロケーションシステム

バスロケーションシステム(Bus Location System)とは、無線通信やGPSなどを利用してバスの位置情報を収集することにより、バスの定時運行の調整等に役立てるシステムを言います。

バスロケーションシステム

同様の位置情報取集IoT事例として

同様の位置情報取集IoT事例として

IoT

生産・流通現場の“見える化”で新たなビジネスチャンスを切り開く!

製造現場から第1次産業へ ますます活躍の場を広げるIoT

製造現場においては、古くからラインや在庫の管理などに用いられていますが、近年は監視・記録や、温度管理の自動化に伴いを、通信の利便性が重要になってきます。第1次産業にも活躍の場を広げています。IoTには、高速な通信環境は必要とされていませんが“少量のデータを常に通信できる”SIMが必要とされているのです。

温度センサー

温度センサー

IoT

IoTが切り開く未来を見据えて

あらゆる“モノ”をネットワークへ
まだ見ぬ世界へ向かって歩みを続ける

例えば、タイヤの空気圧や温度を管理し、異常があった場合にドライバーに知らせます。
コインロッカーの空き状況がWebで確認できたり、作業効率や美観のためにゴミ箱情報管理のソリューションも始まっています。 “空想の世界を現実に”。未来を見据えた研究開発がいまこの瞬間にも進められています。

空気圧管理センサー

空気圧管理センサー

  • ロッカーの利用状況・故障管理

    ロッカーの利用状況・故障管理
  • ゴミ箱の容量確認

    ゴミ箱の容量確認